住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅再生事業の
株式会社シマジュー

株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

熱中症対策!! 室内でも気を付けて・・・

ブログ

梅雨時期が結構短かったように感じましたが、現在はメチャクチャ暑くて、かなりキツイ時期がやって来ました (;´・ω・)

毎日、暑い日が続いていて嫌ですよね

毎年、熱中症で運ばれたというニュースも聞きますし、室内に居ても熱中症になってしまう場合もあるので、小さいお子さんやお年寄りの方は特に気を付けたいです。

 

熱中症にはどんな種類があるの?

●熱けいれん・・・大量な汗をかいて、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、腕や足、また腹部の筋肉が痛みを伴ったけいれんが起こる。

特徴としては、手足がつったり、筋肉痛になる。また筋肉がけいれんする場合もある。

●熱失神・・・皮膚血管の拡張により、血圧が低下する。そして、脳への血流が悪くなることにより起こる。

特徴としては、顔面蒼白になり、めまいや一時的な失神が起こる場合がある。また脈は速く、弱くなる場合も。

●熱疲労・・・大量に汗をかく。水分補給が追いついていかない場合、脱水状態になってしまい熱疲労の症状も。

特徴としては、頭痛や嘔吐、また全身倦怠感になる。そして集中力や判断力も低下する場合もあり。

●熱射病・・・体温が上昇した為、中枢機能に異常をきたした状態になる。意識障害として、応答が鈍くなったり、言動がおかしくなる。また意識がなくなる場合も。ショック状態になる場合もある。

特徴としては、意識障害やふらつきが起こる。体温が高くなり、呼びかけても反応がにぶく感じる場合も。

熱中症にならないようにするには? 予防のポイントは?

「熱中症に気を付けましょう」とテレビ等でやっていますが、どんなことをすればいいのでしょうか?

よく聞くのは、➀水分補給をする ②きちんと扇風機やエアコンを適度に使う ③塩分を取る・・・などですが、どんなものがあるのでしょうか?

●こまめな水分補給を。

●部屋の温度を計り、エアコンや扇風機をうまく使って部屋を冷やす。

●部屋の風通しを良くする。(家中のドアを開け、風を通すと涼しくなる。)

●タオルで身体を拭いたり、シャワーで身体を冷やしたりする。

●暑いときは無理をしない。外出時には出来るだけ、日傘や帽子を着用する。

●涼しい服装にする。

●涼しい場所・施設の利用を。

●緊急時や何か困った時の連絡先を確認しておくと良い。

まとめ

室内にいても熱中症にかかる場合もあります。

のどが渇いたなと思ったら飲むのではなく、こまめに水分補給をするように!!

そんなに暑くなくても熱中症になる場合もあるそうなので、注意が必要です。

暑い時期は始まったばかりです。暑さと上手く付き合い、体調管理をしていきましょう。

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ