住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅再生事業の
株式会社シマジュー

株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

万が一に備えての心構え

ブログ

犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を表しますと共に、被災されたすべての方々に心からのお見舞いを申し上げます。

 

最近、震度5以上の地震が多くて、心配ですよね💦

どんなに災害に備えていていたとしても、災害を防ごうとしていても、残念ですが自然災害は起きてしまいます。自然災害が起きてしまった時、いかにして被害を最小限にできるかがポイント!!

常日頃からの備え、心構え、そして落ち着いた行動をとることで被害を最小限に!!

先ずは落ち着いてから行動を

パニックになってしまうと、思ってもみない事故に巻き込まれる可能性の恐れも。

まずは深呼吸などをして落ち着く。そして、今やるべきことを冷静にやっていく。避難する場合では、まさか・・・というのではなくて、もしも・・・と思い、行動を。川の増水等で避難するべきか迷う場合も出てきますが、迷った場合は、早め早めの行動で避難をすると良いかと思います。

 

デマに惑わされない

東日本大震災ではデマも多く、災害時では情報が不足してしまい、色々と不安になっている状態になるので、デマの情報が広がって行きます。今ではInstagram、twitter、SNS等でも多くのチェーンメールのようなデマも出てくる可能性も増えてくるかと思います💦 チェーンメールが来た場合、落ち着いて、ちゃんと信頼が出来る情報源でないもの、不安をあおるようなデマを自分から転送しないようにしましょう。

デマに惑わされないためにも、携帯ラジオ等で正しい情報を得る手段の確保をしておきたいですね~

電話は、緊急の場合以外では使わない‼(伝言ダイヤル 171を災害時は多くの方が利用する為、繋がりにくくなることも。携帯電話の災害用キットで安否状況の登録と確認ができるので、有効に使いましょう。)

避難には徒歩や自転車等で

避難には基本的には車🚙を使わない。

災害時は消防車や救急車などの緊急車両が活動できるように、道路を空けておく必要がある。道路上に放置された車は、火災延焼の原因にもなり、都市部の場合では、避難する場合は車ではなくて徒歩での避難を。しかし、道路が混雑しない地方の山間部などの場合や、歩いてでの避難が困難な地区などの場合では、車で避難した方が確実な場合もあります (;´・ω・)

状況に応じての、柔軟な判断が必要

買いだめや買い占めはしない‼

災害時では、一時的に物流がで止まってしまい、商品が不足する場合があります。東日本大震災の場合でも、被災地はもちろんですが、大きな被害が無かった地域でも、不安になった人達が買いだめや買い占めをし、本来の物流の不足以上に食料品や飲料水がなくなってしまいます💦

被災地で本当に必要な方に物が届くようにしたいです。被災地には、災害発生直後だけでなく長期的な支援が必要となります。被災地が求めているものを考えて、自分ができる小さな事から協力していきたいと思います!!

 

まとめ

東日本大震災の時は、我が家は関東ですが震度5弱でした。その際、近くのスーパーでは買い占め⁉までだったかは不明ですが、ほとんど商品がなくなっていたのを思い出しました (;´・ω・) どこのスーパーでもかなり混雑していたような記憶があります。普段から、万が一の場合に備えていれば、買い占めをする必要はないですよね~ でも、それもなかなか出来ていないのが現状ですが💦

水や食料、長期保存ができるものは、各家庭で最低限必要な分をキープしておきたいです。もう一度、賞味期限等もチェックし準備を。

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ